教育と学習

幼児教育

ファッションに気を遣いまくる幼児を持つママさんは、自分だけがキレイでいたいという考えが根底にある気がしてならないですね。

確かに若いママさんは、まだまだそういう面に気を遣いがちかもしれませんが、いつまでも続くわけじゃないですよね。

“幼児教育” の詳細は »

電子書籍

気軽に手に取ることができるように、バッグの中や机の片隅に置いておく本を探すのも楽しいです。
ところが最近、電子書籍リーダーの浸透か、おばあさんがキンチャクから取り出したのには、正直、驚きを隠せませんでした。

“電子書籍” の詳細は »

コンタクトレンズ

最近、文字を読むことが辛くなってまして、コンタクトを変えてみました。
効果抜群です。
少しだけ数値も変わってましたけど、メガネとの併用もきっぱりと止めて、コンタクト一本にしました。

メガネっ子は人気だったんですけど、時と場合によって復活するということで、仕事場では顔がキリッと引き締まった印象を演出したいので、コンタクト一本です。

コンタクトレンズを購入する時は・・・

普段、通信販売でコンタクトレンズを購入していますが、数ヶ月に一度は眼科に行くようにしています。

ここ数年、コンタクトレンズを通信販売で購入しています。
処方箋いらず、病院に行く必要もないので便利なんですが・・・。
必然的に眼科に行く機会が減る、というデメリットがあります。
眼科に行かなくなるということは、定期的に検診を受けないということになるので、いつの間にか視力が下がっていた・・・なんてこともありえます。
それに、他のトラブルも考えられますし。
なので、数ヶ月に一度はきちんと眼科に行って、処方箋をもらってコンタクトレンズを買うようにしています。

この前久しぶりに眼科に行ったんですが、先生も「最近はインターネットでコンタクトレンズが買えるから、通院される方も減ってきています」と言っていました。
目に異常を感じてから病院に駆け込む患者さんがほとんどで、定期検診を受けにくる患者さんは稀だそうです。
コンタクトレンズを使用している患者さんの目のトラブルは、定期検診をまめに受けていれば防げたものが多いということでした。
インターネットの発達で流通が便利になることで、影響を受ける商業施設、企業はたくさんありますが・・・こんなところにも悪影響を及ぼしていたんですね~。

私も、2年弱もの間検診をさぼっていた時期がありまして。
その頃、ものもらいがよくできていて、朝起きるとまぶたが腫れあがっていてオバケみたいになっていた・・・なんてことがしょっちゅうありました。
ひどいものもらいにかかった時に眼科に行ったんですが、やっぱり病院の目薬は効きますね。
市販の目薬では全く効果がなかったのが、2日で治りました。
その時に久しぶりに視力を図ったんですが、以前より下がっていて・・・お医者さんに「定期的に検診に来るようにして下さい」と言われてしまいました。

それ以来、面倒でも定期的に眼科に行くようにしています。
おかげで、ものもらいもなくなりましたし、視力の低下も止まってます。
欲を言えば、インターネットで検診が受けられるようになれば・・・なんて言ったらまた眼科の先生に怒られちゃいますね。

文化施設の駐車場

文化施設を始めとする公共の建物の駐車場は、広々としているイメージがありますが、地方では稀に整備されていないところもあります。

明らかに、台数確保優先の区分けをしている駐車場もあって、接触などのトラブルは避けなければなりません。

“文化施設の駐車場” の詳細は »

学習指導

社会に出て一番重要だなと思うのが人と人とのコミュニケーション。
学生時代などは自分と似ているグループで行動する事が多いでしょうが、社会人ともなると周りは違う性格の人の方が多いと思います。

“学習指導” の詳細は »

コスト削減

コスト削減と顧客満足、二つの課題をモバイルでクリア!
広告費用の削減と、迅速な情報提供が課題。
対外的な戦略はそれでいいけれども、内部としては財務体質の改善が早急に必要かもしれません。

“コスト削減” の詳細は »