リサイクルショップ

先日、リサイクルショップに行った時の事。
普段は眺めるだけなのですが、その日に限っては、ちょっと素通りできないモノを見つけてしまったのです。

お店に入ってからの心の葛藤は大きかったのです。

アクセサリーが嫌い女性はたぶんいないでしょう。
首につけたネックレスと耳につけたイヤリングなどは可愛い女性をもっと可愛く見せるでしょう。

最近アクセサリーをつける男性もますます多くなりました。
値段が安くておしゃれなアクセサリーはもちろん人気ですが、シルバーとゴールド制の高額のアクセサリーも人気です。

しかしシルバーアクセサリーを選んだ時に、本物であるかどうかをどのように判断するのでしょうか。
シルバーのアクセサリーは普通に裏に、S925やS990の標識がありますが、標識をつけない国もあります。
シルバーの色は少し黄色になって、それは長い時間の酸化した結果です。

シルバーアクセサリーの裏に濃度が高い塩酸をさしたら、すぐ白いコケのようなものが出します。
ほかの金属ならこのような現象がありません。

しかし、一般的には、ショッピングカートの時に、わざわざ塩酸をかけることはしませんよね。
そんなことしたら、おかしな人間だと思われて、お縄を頂戴することにもなりかねません。

購入寸前まで心が動いたのですが、どうしても価格が少しだけ高く感じたのです。
手に取って見せてもらうと、以前の持ち主のイニシャルのようなものが掘られていたので、あっさりと購入を見送りました。

衝動買いしなくて良かったです。

«
»