アウトレットモール

近所の広大な更地にアウトレットモールが建設されるという噂がありましたが、最近、ようやく具体的に建設される店舗が判明しました。

会員制のアノお店です。

もう十分にショッピングが出来る環境にあるのに、なぜ、というのが正直な気持ちでした。
そして余計なお世話の話しが近所でも急に多くなるんですよね。

目の前のスーパーは客を取られるのではないか、コンビニも撤退するんじゃないかなど、実にいい加減でネガティブなことを好き勝手に話すオバサマら。

だから経営者にもなれずに、ただ、長年勤めることだけが取り柄の旦那としか出会えないのだと、これまた辛口の人物評価をのたまう社長夫人の面々。
いやいや、基本的に時間を持て余した暇な女性は、同じ穴のムジナです。

最もびっくりしたのが、地震で崩壊しないのかと言ってきた、ちょっと変わった元学者のおじいちゃん。

国が抱えている地震の権威達は、一方で電磁波検知などの新しい方法で震予知を行う研究を認めて来なかった。
ワンパターンの権威主義で自分の縄張りを守ってきたのだ。

と熱弁をふるう。

地震が切迫している現在の段階で、そんな国に頼っていてもどうしょうもない。
と、東京都が電磁波を測定する地震予知の研究を進めている、東海大学の研究者に地震予知を委託したという訳だ。

などと、私たちがてんで興味の無い話を延々としてらっしゃるから、付き合う方も逃げ方を体得していく。
ちょっと買い物に、というセリフは一番効果があるのです。

旅行体験記「栃木県那須」

昨年の秋に訪れた栃木県那須での思い出

私には現在お付き合いをして約2年になる彼がいるのですが、その彼との共通の趣味として旅行があります。自宅には日本地図を飾り、訪れた場所にはしるしをつけ、次はどこへ行こうかと計画を立てるのが楽しいです。
すでに色々な場所を訪問している私達ですが、以下では昨年の秋に旅行した栃木県那須での思い出をご紹介します。

昨年の11月の始め、連休を利用して栃木県の那須に行きました。ちょうど紅葉も見頃を迎える時期だろうと、とても楽しみにしていました。
私達の家から那須までは車で3時間ほどですが、高速を走っている頃からすでに綺麗な紅葉を眺める事ができました。
私達は初めに、栃木県那須にある那須ハイランドパークに行くことにしました。10時開演ですが、9時半ごろには到着したので、込み合う前に入場券を購入し、開園を待ちました。
開園時には私達の他にも沢山お客さんがいましたが、ディズニーランドなどに比べれば全く混雑しているというほどではなく、ゆったりと園内を回る事にしました。

まず初めに、水の上を走るボートの様なアトラクションに乗りました。ボートはとても大きく揺れ、洋服が塗れてしまいましたが、迫力満点で面白かったです。
次に、足の置き場のないジェットコースターに乗りました。私も彼もあまり絶叫系は得意ではないのですが、折角だからとチャレンジしたところ、2人とも気持ちが悪くなってしまいました。そのためその後はゴーカートや観覧車などの優しめのアトラクションを楽しみ、午後3時前には那須ハイランドパークを後にしました。
次に私達は、那須ガーデンアウトレットに向かいました。アウトレット際好きな私ですは、那須には私がよく行くアウトレットにはない店舗が沢山あり、折角旅行に来たのに、ついつい洋服を購入してしまいました。

1泊2日で、次の日は日光東照宮を巡り、栃木県の魅力を満喫する事ができました。今度はぜひ、もっと沢山のアトラクションを制覇したいです。

«
»