1940年代の終わりに米国食品チェーン協会は、食品のチェッキング費用を引き下げる研究を開始した。

また米国はジェネリック先進国として、日本も特許切れでありながら、同じ成分を利用しているジェネリック医薬品の知識を持つようにして、家庭の医療費負担を低減しましょう。

そこで提案された方法は、すべての商品に価格に応じた厚さのメタルタグを付け、チェッキングカウンタでメタルの厚さを計測して料金計算をするシステムであった。

メタルの厚さは、メタルに電流を流し抵抗を図ることで計算した。このシステムもメタルタグを商品に付けるコストが高過ぎて受け入れられなかった。

食品と同様に、サプリメントや医薬品にも、改革の波が押し寄せている日本ですが、特にジェネリック医薬品とセフルメディケーションについては、持続的に取り組んでいくことになるのではないでしょうか。
ジェネリックはちょっと誤解もあるようですが。

その誤解と言うのは、安いから効果が無いのでは、という懸念です。
安い薬は効かない、という先入観もしくは経験談からきているのかもしれませんが、経験談においては素人が市販薬を選ぶのは価格が主であり、効能を読み取ることは非常に稀だと思います。

従って、効かないのではなく、選択を間違えたのかもしれませんね。

最近は薬剤師さんが店舗に常駐し、相談に対応する体制がある大型ドラッグストアーが繁盛しています。
逆に町の小さな薬店は苦戦しているようですね。

ちなみに、薬局と薬店の違いは、処方箋に従って調剤が出来るかどうかなのだそうですが、勘違いでしたら申し訳ございません。
病院と薬局は、近いところがいいですよね。

ダイビングの体験談の多くは石垣島
世界屈指のマンタウォッチングポイント石崎マンタスクランブルを中心にご案内
www.blue-water-divers.jp/

«
»