起業と経営

起業と経営に関してのマネジメント本が大流行ですね。
恐らくの火付け役は、女子高生マネージャーが主人公のアノ本ではないでしょうか。

マネジメントとマネージャーを勘違いした主人公が、素晴らしい活躍をするというストーリーですが、マネジメントはいつの時代も必要ですね。

歴史を紐解いてみると、リーダーやトップたる人物は、総じて優秀なマネージャーでした。
どうしてもマネージャーという言葉は、部活の下働き的な役割をイメージする人も多いと思いますが、それが間違った先入観を植え付けていることになります。

実際のマネージャーは、トップに立って俯瞰する立場に居なくてはなりません。
起業の場合は、中心人物がすべてをやらなければならないケースが多いものですが、経営の場合は社長を始め、管理監督層がその役目を果たします。

雑用係りというのは誤りです。
縁の下の力持ち的なマネジメントリーダーも居れば、先頭を走るタイプもいますので、やり方はそれぞれですが、本質はひとつでしょう。

マネジメントの神様と言われる人の本を、誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。
座学も大切ですが、実践によって裏付けられたノウハウを蓄積していくことが肝心です。
経験を積まなければ、現場に即応する能力が磨かれないのでしょうね。

税務会計の面から経営をマネジメントあるいはコンサルティングを行う、実績十分の方がいます。
いろいろとデマ情報もウェブ上に流れていますが、税務会計に強いことは、起業や経営には必要なことなのですね。

海に潜る楽しさ
団体行動で安心の石垣島ダイビングスクール
自然を相手に楽しむことは安全確保と無理のないスケジュールから
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»