やっぱりよくわからない女装

ある時を境に、テレビで本当に毎日のように見かけるようになった女装をした男性タレントたちを見て、ずっと疑問に思うことがあるんです。
あの人たちは、心も女性なのだろうか、ということです。

性同一性障害の人は心もそうだし、いわゆる“オカマ”と呼ばれる人たちも心も女性です。
でも、“女装”という趣味を持たれている人たちは、心もそうなのだろうか、これが毎回思う疑問です。

初めて見た時は、“オカマ”の人たちと同じだと思っていましたが、どうやら“女装”をする人はまた別だと言っていたし、よくわからないんですよね。

まぁ、だからどうしたというわけでないのですが、ひとつのジャンルを作りあげているのだから、その形が気になるのは当然なわけで、「やっぱりちょっと調べてみようかな、いや、でも調べるほどでもないんだよな。」というような自問自答を頻繁に繰り返している私です。

ジェンダーフリーが一部で叫ばれてはいますが、なかなか受け入れられるには時間がかかっているみたいですね。
個性であると主張すると、別の案件でも「個性」を持ち出して、あっちはいいのにこっちはダメなのかという論法で攻めてくる人もいるようですからね。

権利の主張というのは、当然のレベルと行き過ぎのレベルがあるものだと、古い人は言ってはいますが、権利を食い物にする人が居るのは、昔から変わってないとも言ってました。

家庭用の精肉セット
精肉も食肉卸店のはからい
業務用食肉卸店ながら個人向のパーティー用盛り合わせが人気
meat-kimura.co.jp/

«