幼児教育

ファッションに気を遣いまくる幼児を持つママさんは、自分だけがキレイでいたいという考えが根底にある気がしてならないですね。

確かに若いママさんは、まだまだそういう面に気を遣いがちかもしれませんが、いつまでも続くわけじゃないですよね。

自分自身も、スタイルの維持のために、代謝自体をあげエクササイズを実行して、基礎代謝を上げてやることが一番有効だということは解っているでしょう。

また内臓がちゃんと機能するためにも、細胞が生まれ変わってみずみずしいお肌を保つにも基礎代謝を高めることが必要なのです、ということを必死に言っていた人もいました。

では、基礎代謝を高めるために比較的簡単にできること。
それは、動くことを意識して、何事も自分でやる、です。

お休みの日にボーッとしている、お腹がすいたらデリバリーピザでランチ、1日表に出ないでできるだけ動かないで過ごす。
これではエネルギーは余り消費されません。

ジョギングやジムでのエクササイズの前に日常の生活の中でできるだけ動くことを考えましょう。
と、言いたいところですが、子育てはそれだけでエクササイズと言えるほど、結構な肉体労働です。
労働という表現は適切ではないかも知れませんが、体力無しでは、子育ては務まらないのは事実だと感じますね。

幼児教育云々という話題もありますが、親の背中は偽る事は出来ないので、それを見せながら、より良い方向に導いてやることが最大の教育の価値だと思います。

ベビースイミング無料キャンペーン

スイミングスクールがオープンしました。
オープニングキャンペーンで1歳未満子ども対象の親子スイミングスクールに2歳の誕生日まで無料で通えるという企画があり、早速応募しました。

子育てサークルのママさん達と一緒に応募したのですが、私はくじ運が無いので、半ばあきらめていたのですが見事当選しました。
早速水着の準備です。

娘はまだ4ヶ月なのでネットでスイカのビキニを購入しました。
私はラッシュガードの上下で忍者のようです。

月曜日の午後1時からスクールはあるのですが、子どもがお昼寝の時間なので、毎回ご機嫌ななめです。
本来赤ちゃんは母体の中でよう水に浮かんでいるのですから、水に親しむ機会を増やし、水を怖がらないようにしておけば、すんなり泳げるそうです。

確かに長男は小さな頃は水の恐さを知らないので、バシバシ飛び込んでいましたが、ある時水を怖がって泣いているお友達を見たとたん、水は怖いものだと認識したのでしょうか、急に嫌がるようになりました。

このスクールでは専任のコーチが子どもの発育にあわせた指導をして下さいます。
2歳以降は有料でスクールに在籍出来るそうです。
まだ先の事ですが、続けてくれたらいいなと思っています。

スクールではコーチの挨拶があるのですが、水着のまま名刺を貰って、その後の保管に困りました。
せいぜい終わってからにして欲しかったのですが、せっかちなコーチもいるものです。

«