文化施設

文化施設を始めとする公共の建物の駐車場は、広々としているイメージがありますが、地方では稀に整備されていないところもあります。

明らかに、台数確保優先の区分けをしている駐車場もあって、接触などのトラブルは避けなければなりません。

車の事故で意外と多いのが駐車場内での事故です。
細いポールがボディの死角になって見えなかったり、低い障害物にバンパーを当ててしまったり。

また、運転中だけでなく、ドアを開けた拍子に外にたまたま立っていた幼児にぶつかり怪我をさせてしまうといったケースもあります。

商業施設の駐車場だけでなく、マンションの駐車場も要注意です。
自宅の敷地内という意識があるので、子どもも道路ほど車に注意を払っていない場合が多く、飛び出してくる可能性が高いので最徐行で運転した方が無難です。

子どもの行動には親が注意を払うべきで、こちらが徐行する義務はないと思うかもしれません。
しかし事故になれば自分も嫌な思いをするものです。
自己防衛のためにも注意して運転しましょう。

それと注意したいのが、お年寄りと自転車です。
まず、お年寄り程、横断歩道を渡らないと思っていた方が、突然の回避行動の際に役立ちます。
走力が衰えているのに、信号の変わり目になると走りたがるのも、実はお年寄りが多いものです。

自転車もヨロヨロしながら車道を走るのは、子どもよりも大人の女性の方が多いですね。
周囲を見ていないですから、突然、方向を変えるので要注意ですね。

働く人たち
業務効率と経費削減の勤怠管理ソフト
間接部門の省力化促進。予定実績対比で労務コストをコントロール。
biz-work.jp/
関連:www.miniaturesbypost.com

«
»