最近、テレビCMや雑誌広告などで良く目にするのは、資格取得のための講座です。
自分で興味を持っていないと、世の中にどんな資格があるかはあまり知らないものですね。
けれども、何気なくそんな広告を眺めていると、時間があったらやってみたい、学んでみたい講座もたくさんあります。

中でも私が興味を持ったのは、調剤薬局事務というもの。

大人になってから、薬剤師という仕事があるのを知って、もっと若い時に知っていれば進路を考えるときにも違う選択があったかもしれないと思ったほどです。
でも、さすがに30代前後から薬剤師になる為の勉強をするのはたいへんです。
だから諦めていました。

けれども、調剤薬局事務なら間に合うかもしれませんよね。
調剤薬局事務というのは、調剤薬局で保険の確認や調剤報酬明細書の作成を行う事務のことです。
受付や会計なども行いますが、薬剤師のサポート役ともいえるとても大切な仕事。
きっとやりがいもあるでしょうね。

よく薬剤師さんの求人広告を見ると、時給が高いことに驚きますが、調剤薬局事務のお仕事もそれなりにお給料はいいみたいです。
さらにパートやアルバイトとしても求人が多いので、主婦になってから子育てをしながらでも働ける仕事としても人気があるようですね。
通信講座で勉強すれば、約4か月で学べるということなので大人になってからでも学べる講座ですよね。

もちろん、仕事に役立つ資格意外に自分のためになる講座などもありますから、時間の余裕がある時に自分力を高めるために学んでみたいと思いました。